2008年03月23日

清元 登子1

「人間、目標がないと成長しませんよ。それも目先の目標だけではなく、自分の将来を見据えたものが必要ですね。枝葉から攻めてもダメ。しっかり太い樹の幹を育てなくっちゃ。そのためにまずしっかりと自分の目標を立てさせるんです。将来どうなりたいかがわかっていれば、あとはそこから逆算して目標を立てていけばいいでしょ。その目標を成すために、1年後までに自分はどうすればいいのか。3年後、5年後は・・・・・と、自ずとわかってくるはずです。あとはそれに向かって努力あるのみ」

「プロフィール」

清元登子(1939年・熊本生まれ・24歳から独学でゴルフを始め、5年後には日本女子アマで優勝。34歳からプロに転向し、10年間で7勝をあげる。引退後は指導者となり、2002年には、レッスン・オブ・ザ・イヤーを受賞。日本を代表する指導者として活躍中)


清元登子 魂のレッスン・清元 登子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 清元登子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

清元 登子2



「まずは大きな目標ありきでしょうね。最終的に行き着きたいところですから、それをどう設定するかで結果はずいぶん変わってきます。例えばプロテストに受かったときがピークで、その後全然活躍できない選手っているでしょ。そういう子たちは、プロになることが一番の目標になっていたんでしょう。(略)プロになることを最大にして最終の目標にしてしまうと、受かった時点で燃え尽きちゃう。プロになることが最終目標じゃダメなのにね。そこはスタート地点で、プロになってからどうするかが肝心です」


清元登子 魂のレッスン・清元 登子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 清元登子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

清元 登子3



「ハードルを高く設定すれば、それだけ努力もするでしょう。でも、だからといってあまりにも突っ拍子のない目標じゃダメね。努力次第で手の届く目標じゃないと息切れしちゃいます。将来の大きな目標があるにしても、まず1段ずつ、叶えられる目標からクリアして、達成感を得ることも大事なんです」


清元登子 魂のレッスン・清元 登子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 清元登子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

清元 登子4



「目標に向かって何をすればいいかを徹底的に考えて目一杯努力することです。プロテストに受かりたいと思ったら、とにかく「何が何でも通ってやる」と思うこと。"思う"ぐらいじゃ甘っちょろいから、"念じる"と言ったほうがいいわね。 「なれればいい」なんてそんなことじゃ、絶対になれませんよ。それこそ365日、寝ても覚めても念じるんです。心底思わなきゃダメ。それしか頭の中にないっていうぐらいに目標を噛みしめる。そうしたらどうしたらいいのか知恵も浮かんできます」


清元登子 魂のレッスン・清元 登子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 清元登子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

清元 登子5



「勝ち戦は頭に残りません。負け戦からはいろんなことが学べます。勝つためにどうすればいいのか、考えるし反省しますからね」


清元登子 魂のレッスン・清元 登子(著)より)
posted by 浅草太郎 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 清元登子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。